「ソックスの場所」問題再訪

headlines.yahoo.co.jp

 

神は言っている、これを引用する定めだと。

 「ソックスの場所」とはおよそそのようなことである。マラッツィがいうには、多くの(一人暮らしではない)男性にとって、ソックスとはいつもあるべきところにあるものだろうが、女性にとってはそうではない。女性にとって「ソックスの場所」は、適切であると判断される場所に戻しておくものなのである。このふるまいはほとんど意識下で、習慣化された身体の次元でなされている。このような些細な日常生活における身体の動きの差異のなかにひそむのが、労働の「強度(原文は傍点)」の問題である(pp.84-84)。単位時間あたりの生産物の量が増大した場合、「むだ」な時間、生産の流れにおける、死んだ時間の除去によって労働の密度をよく上げることができるならば、その時には労働の強度の上昇があるということができるわけであるが、この労働の強度は、法権利的にも、尺度で捕捉された量的な労働力にも還元することはできない。だから、この家事労働における差異の問題は「家事労働に賃金を」という(ひとまず政治的に)量的な平面で表現される要求と、それに対抗して真に自律的で、分割不可能な単位として家族をあらしめるためには―――男性と女性のあいだでの家事活動には、完全な相互性があるべきで、この「対人サーヴィス」を商品化の論理にゆだねてはならない―――、男性と女性のあいだの、そして女性のあいだの平等を再確立するためには、「家事労働に賃金を」どころかむしろ商品化された再生産労働の領域を縮小しなければならないとするゴルツらの批判の間でかわされる議論をすりぬけるものなのである。
 強度は労働については、量ではなくそれでは測定できない質の問題にかかわっている。一見したところ男女のあいだに相互性があるような場所においても、「ソックスの場所」のようにほとんど反射的にいとなまれているような諸々の日常的なふるまいのなかに、果てしなく長期にわたって行使されてきた権力関係が刻印してきた非対称性、性別役割分業の「生きられた歴史」が凝縮され沈殿されている。だから、男性と女性の関係において、対等な者同士の交換に擬制することで男性の権力を除去しようとしても、常に剰余が生じ、「生きられた歴史」による主体性の差異がしのびこんでしまうのである(p.88)。この「生きられた歴史」が家族における男性と女性の交換に労働力を時間という尺度で測定することを困難にし、強度という質的側面を考慮に入れることを求める。両性間の平等が法権利において保障されていても、あるいはたとえ労働時間において平等であっても、「ソックスの場所」の問題は、家事労働の場面において尺度の不在による男性と女性のヒエラルキーの再生産の存在を示している。

――酒井隆史『「ソックスの場所」について』「現代思想」第35-8 p43
(内部引用はクリスチャン・マラッツィ『ソックスの場所 経済の言語論的展開とその帰結』「邦題:現代経済の大転換 コミュニケーションが仕事になるとき」ページ番号は仏訳版より)

www.amazon.co.jp

チームメイキングだけが監督の仕事なのか。 ー責任と権限と報酬の転倒

 

チームメイキングの視点で捉える分には文句ないんだけど、管理職論みたいな文脈ならちょっと飲めないんだよね。

選手の自発性、主体性を引き出すことに焦点化された記事になってるわけだけど、自発性のある選手で構成されたチームが勝ったんであれば勝利はチームのものであって監督のものではないでしょう。言い換えればチームメイキングまでには責任を負っているけど勝利に責任を負っている書き方にはなってないわけで、それでもなお、(勿論東洋経済だからなんだけど)この監督がしゃしゃり出てくるのは何故なのか

競技の面には専門性の上でタッチする能力がないことを認めた上で、監督というポジションの権力を最大限行使して政治を行い、選手達に最高の状況・環境を用意することに尽力したとかいうなら話は別だけど。。

プランA、Bのどちらにするかの決断とその責任を負わないのであれば管理職なんていらんでしょ。
というかそもそも管理職論とか労働と繋げるのであれば報酬や賃金抜きには語れないわけで。そういう意味で競技スポーツと経営論の安易な接続はホントどうかと思うし、百歩譲って接続できたとしても責任と権限と報酬のバランスのおかしさという日本的雇用の問題系を思いっきり引きずった議論でよろしくないですね。

特に文中の怪我をめぐるやりとりは采配の問題を選手のやる気の問題にすり替えるロジックが見え隠れしていてどうかと思います。

「監督、肘が痛いです。」
「医者には行った?」
「はい」
「医者はなんて?」
「〇〇で治るのに1ヶ月かかるそうです」
「あ、そう。トレーニングはどこまでokだって?」
「筋トレと心肺機能のトレとかは大丈夫だそうで」

A「じゃあ治り具合次第だけど次のメンバー入り前提で考えるからコンディション落とさないでよ、メニューはトレーナーとよく相談してな」
B「今回は怪我治すのに専念して、トレーナーとよく相談して復帰計画たてようか」

とかが普通に考えて、あるべきコミュニケーションだと思いますけどね。いつまでに治すの?ってなんだよ。

働くママは応援したい、しかし…。

news.mynavi.jp

小室淑恵、「3年で長時間労働をやめなければ日本は破綻する」

http://news.mynavi.jp/articles/2016/03/22/wlb/

 

相変わらず危うい事言うなあという印象。成果主義の失敗についてどう考えてるんだろう。
 
ミクロレベル(個人レベル)の効率化とメゾレベル・マクロレベルの効率化を混同しないで下さいよと。ミクロの効率化をしたところでマクロな効率化には必ずしも繋がらないし、リーン生産的な働き方ってとっくに個人レベルの効率化を実現してません?
 
そもそも長時間労働の歯止め施策がある会社ってなんの事なんだろう。36がない会社は理論上残業は存在しなくなるけど、それって超絶ブラックな匂いがしますよね。36がある会社を指すなら、日本が社会的歴史的に長時間労働を克服できずにいる事をどう考えてるんですかね。まあ36に上限規制をという楽観論一辺倒なニュアンスですけど。
 
政策レベルで長時間労働問題を取り扱うってなぁマクロに焦点化するって事です。「働くママに肩身の狭い思いをさせる職場規範」の諸問題にはハゲ上がるほど同意なので、マクロを放棄した議論しないで下さい。
 
短時間で効率的にという働き方が絵餅だと思っているので、長時間労働を改善するには職場の人員増しかないんじゃないかと。残業を今以上に割増(例えば3倍)とか税務署マターに付け替えとかは結局企業に金銭ペナルティを課すものなので、どうせ金出させるなら人増やしましょうよ。
 
ちなみに私個人はメゾの、マネジメントの不在を「残業申請制という捻れ」などに見ており、これは強制と自発が顔を出す一つのポイントだと思ってます。

ホワイトカラー労働、事務的労働におけるOA化、IT化のインパクトについてのメモ

もしもインターネットがなかったら・・・ - Yahoo! BB

個人用メモ

学術文献の世界でもOA化はまるまる一章割いて論じられることは少なくないけど、字面だけ読むと味気なかったりする。実際はこういう生々しい経験がなくなっていった過程なわけだけど。

 

小池和男なんかはホワイトカラーの熟練をキャリア展開の仕方から捉えようとしてきて、その見方はスタンダードなものとして受容されているけど、実際はこういう具体的職種・経験に基づいた熟練の捉え方があってもよかったんじゃないのとは思わなくもない。

 

OA化とその進展としてのIT化はホワイトカラーを「脱熟練」し「多能工化」したのは間違いないが、これまでの労働過程論をふまえるなら、物理的事務的作業を一人でこなせるようになってしまった現在の、「脱熟練化」後の熟練のありようってどうなってるのかとか、今一度考えなくちゃいけねーんじゃねーのという気がする。

 

興味深いのはcompany citizenship論やメンバーシップ型雇用論が想定する日本の労働って、90年代末からの成果主義・多面的評価制度導入以前から(同時にIT化が本格化した時期でもある)の問題として個人が企業に対して全人格的コミットメントを要求されることを指摘してきてるわけだけど、ホワイトカラーの場合キャリアラダーの上昇や、社会的水準での男性の承認問題として、イデオロギー的に統制されてることを前提すると、脱熟練化した現在というのはホワイトカラーにとって「命がけの飛躍」が非常に増えた、厳しい時代といえるのかもしれない。職種、職能的な熟練を発揮できないのであれば残ってるのは「やる気」とか「自発性」のみみたいな。

 

「やる気」「自発性」問題は非常に日本的文脈のものとして語られる傾向があったけど、それは戦後の経済発展と手を取り合った説明のなされ方でもあったわけで、ここ数年にわかにcompany citizenship論、メンバーシップ型雇用論が盛り上がり始めてるのは「強制された自発性」論をどう乗り越えるものなのか、時代の要請を受けた盛り上がりなのか、ちょっと注目しておきたい。まあ後は、渋谷望とか、あのあたりの社会思想と労働の議論やポストフォーディズム論、ニューエコノミー論なんかとの兼ね合いでホワイトカラー労働の意味的変容をどう捉えるかもすっごく大事。

 

ただこれに「正規非正規」問題とか「日経連、三つの人材像」とか、職場のジェンダーセグリゲーションとか考え合わせるとちょっと一筋縄ではいかないのが難しいところ。

www.amazon.co.jp

研究対象としてのオリエンタルランドの価値

ディズニーR、驚愕のキャスト使い捨ての実態 バイトに責任押し付け酷使、心身病む人続出 | ビジネスジャーナル

なんだかんだみんな知ってる、オリエンタルランドの労働実態ひどいですよって話。「洗練された王将」や「やりがい搾取」の側面と感情労働と接客サービス労働が経営による労働統制としてどのような労働過程になるのかが垣間見える記事。

オリエンタルランドっていわゆるブラック企業論とまっとうな労働研究を架橋するうってつけの対象だなと思えるんだけど、どうですかね。

この記事は2ページ目以降の具体例こそが肝です。被り物の中の人は熱中症対策のされていない着ぐるみを着る、暑いので保冷対策をすると重くなりより一層負担が増す。これで倒れても『体調管理もあなたの仕事』となる。あるいは「本番でミスをしたり、ケガをした場合には『あなたのレベルが低いから』と罵られるのです。同様に、病気になった場合には『あなたの根性が足りない』といった言葉が投げかけられます。こうした職場では『なんでも悪いのは自分』という雰囲気が醸成され、その結果、精神的に追い込まれて『NO』が言えない雰囲気になっていく」そうである。

じゃあこの状況で職場の仲間意識が各個人をフォローしているのかという全くそうではなく、むしろ「ストレスのはけ口としての陰湿な“落とし合い”がある。」とのことで経営によって労働者の階級間、階級内分断が統制とどういう共犯関係を築いているのかとか興味は尽きない。

ブラック企業論と労働研究がかつて有していた「強制と自発」の問題系はこの「NOが言えない雰囲気」として共有する部分があるよねとは常々思っている。

Amazon CAPTCHA

正社員化して、バイトの人たちって得するの?

【続報】ユニクロ・柳井正氏が語るパート、アルバイト正社員化の真意:日経ビジネスオンライン

 

柳井正によるステートメント。非常に長い。まず第一の印象として、全文読めるのはありがたいがそれとは別に分析的な記事を記者は書けといいたい。

かいつまんで説明すると、アルバイト正社員化の意図とは末端の従業員の生活を守ることに一義的意味がある。彼ら彼女らの生活をきっちり保障することで、最大のパフォーマンス以上のものを発揮してもらうというわけである。そのために店長クラスの社員はボトムアップを促せるサーバントリーダーであることが今後より一層要求されるようになるとのこと。そして全員が経営者の視点を持った」従業員による少数精鋭チームによって店舗運営をしていくとここでは言われている。

これ以外にもグローバル戦略に関してちょろちょろと言及されているのだが、割愛。

このアルバイト正社員化、小売業のお題目としては一見すると「正しい」。しかしながら、ユニクロを筆頭として、2000年代以降の小売・接客業界は労務管理・労働統制の実際面が槍玉に挙げられて批判を受けてきたのではなかったか。非正規の量的拡大と固定化をいいことにやりたい放題だったからこそ批判を受けていたのだと認識しているので、ここで彼が「生活を守る」と言っても「はいそうですか」と受け取れるほど楽観的ではない。「全員が経営者視点を」というのも正社員に対する労働強化のクリシェになってしまっているのに、「アルバイトを正社員に」というのは何かの冗談だろうか。

ここで語られる グローバルカンパニーとしてのユニクロの未来や戦略の水準の話とアルバイト正社員化の話は、これまで従業員を酷使してきた過去を踏まえると乖離しているように聞こえてしまう。グローバル企業だからといって「清く正しい」とはもちろん思わないが、グローバル企業「ユニクロ」と従業員使い捨て企業「ユニクロ」は別企業なのかと思うほどのズレである。このステートメントにそのギャップを埋める働きを持たせようと目論んでいたのではないか、と思うのだがそれは成功したとは言いがたい。